TOPトピックス > 東京国際クルーズターミナル第1船入港に係る覚書をロイヤル・カリビアン・インターナショナルと締結しました

東京国際クルーズターミナル第1船入港に係る覚書をロイヤル・カリビアン・インターナショナルと締結しました

東京都港湾局は、臨海副都心地域に世界最大級のクルーズ客船を受入可能な「東京国際クルーズターミナル」を整備中です。
2020年に開業する同クルーズターミナルには、2020年7月14日に、第1船としてクルーズ客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」が入港する予定です。
この度、同船を運航するロイヤル・カリビアン・インターナショナルと東京都で「今後の東京港寄港に係るロイヤル・カリビアン・インターナショナルと東京港の覚書」を次のとおり締結しましたので、お知らせいたします。

覚書の締結

○ 締結日

 平成31年2月13日(水曜日)

○ 会 場

 帝国ホテル東京

○ 署名者

 ロイヤル・カリビアン・インターナショナル北アジア太平洋地区・中国社長 ジナン・リウ氏

 東京都副知事 多羅尾 光睦

○ 主な内容

 クルーズ客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」の2020年7月14日東京初入港、初入港の成功に向けた相互協力や、東京港の継続的な利用及びさらなる関係強化について合意・確認。

mou.png

記事

<問合せ先>
 港湾局港湾経営部振興課誘致推進担当
 (直通)03-5320-5529